シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

古谷振一の鉛筆画がヤバい!神業アートで女優の絵を描く動画有

スポンサーリンク
29

皆さん

風景画など絵を見て

わ~写真みたい~

って思ったこと

ありますか??

私は結構あって

でも

それは風景画であって

今まで

人を描いた絵を見て

写真みたいって思ったことは

なかったんですよ!

でも

今日初めてその経験をしました!

その絵がコチラ

0422makings-520x245

・・・え?

これ、写真でしょ??(・_ ・)ジーッ

いえいえ

絵なんです!!

しかもこの絵

なんと鉛筆一本で描かれているというから

驚きですΣ(゚д゚lll)

この絵を描いているのは

富山県に住む

普通のサラリーマンだというのだから

さらに驚き!!!

彼の名前は古谷振一さん

今回は

鉛筆画家

古谷振一さんについて

調べてみたいと思います♪

スポンサーリンク

古谷振一wiki風プロフィール

006_list_image

名前:古谷振一(ふるたに しんいち)
生年月日:不明
在住:富山県富山市
年齢:50歳(2016年5月現在)
血液型:B型
出身学校:石川工業高等専門学校電気工学科
職業:富山市山室荒屋の会社員
Twitterアカウント:@shtt4881

何度も言いますが

普通の会社員の方だそうです!

(現在はうつ病を患い休職中とのこと)

手に持たれているのは

柴田理恵さんの絵ですね(# ゚Д゚)

職業は

電気回路の設計のお仕事だそうで

仕事柄

細かい作業などはされているみたいですね(´・ω・`)

とは言え

手先が器用だから♪っていうノリで

誰にでもできるレベルのものではない!

古谷振一の鉛筆画 神業動画を公開!

いやいや

ホントに鉛筆で書いてる絵なの!?

とここに来ても

まだ半信半疑な方もいるのでは?

私もはじめ見たときは

俄かに信じられませんでしたから

お気持ちはわかります《゚Д゚》

疑っている方のために

描き途中の画像も載せときましょう!

ヨイショ~~~~~~

29

これは桐谷美玲さんですね(゜ロ゜)

目から描き始めるようで

必然的に目周りから完成に向かっていく感じです♪

画像に加えて

なんと

YouTubeで

描き始めから描き終わりまでの過程

アップしているというではありませんか!!

そちらも合わせて見てもらいましょう!

【橋本環奈ちゃん】

【広瀬すずちゃん】

【有村架純ちゃん】

ちょっと嗜好を変えて~男性!

【平泉成さん】

ここまで描き方を見せれば

信じていただけましたよね?(o^^o)♪

YouTubeだけでなく

Twitterでの情報発信も

されていらっしゃいます★

古谷振一の作品づくりのこだわり

1日8時間描く。身を削り、絵に魂を込めている
誰にも邪魔されず、没頭できるから、
絵を描くことが好きだという古谷さん。
約30種類の濃さの異なる鉛筆を使い分けています。
一度始めると、1~2時間は描き続け、
集中すると1日8時間描くこともあるといいます。

「8時間も絵と向き合うと、
足はむくみ目はかすみ、
手に力が入らなくなります。
昨年の一時期には
目の網膜に異常をきたしたこともありました。
ビデオ撮影のために
照明を暗くすることもあるので、
特に目への負担は大きいようです。
いわば身を削って絵に魂を込めているような感覚です」

こだわってこだわって

こだわり抜いた先に

作品の完成があるんですね!

鉛筆1本というキャッチではありますが

正確には

シャープペンシル、綿棒、字消しなどで

ドローイングという手法を使って

作画されているんだそうです!

古谷振一の作品販売は?

こんなに上手い

いや、美しい作品であれば

作品の販売を行えば

それなりの値がつきそうです|д゚)

私もほしいという方も

多いのでは??

あ、奇遇ですね!

私もほしいです(´・ω・`)笑

古谷振一さんの作品

どこかで販売を行っていないのかなぁと

調べてみましたが

今のところ

販売はされていらっしゃらないようです。

今後

作品の販売を行う予定など

情報キャッチできたら

お知らせしますね!!

古谷振一の個展情報!鉛筆画教室も

なんと7月に

東京で個展が開催されます!

↓詳細はこちら↓

古谷振一さんTwitterより★

個展のみならず

鉛筆画教室まであるなんて!

関東在住の方、必見のイベントですね♪

私は九州なので行けませんが

もし行ける方は

ぜひ感想を教えてください♪

まとめ

本業は頭をかなり使う仕事なので、
せいぜいで65歳まで続けたらやめ、
そのあとは絵を収入源にできれば良いと考えています。
一度は捨てた道を、リタイア後に歩む。
これが今の私の夢です。

このようにご自身の夢を

語っておられます。

きっと

絵を収入源に

画家としての道を歩んでいかれるだろうことを

心から期待し

応援しています!

古谷振一さん、これからも絵を描き続けてくださいね♪

ぜひ、ポチッとシェアして

感動を共有していただけましたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
人気コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です