シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アイボンの危険性?なぜ売ってるか理由を調査!代用品はある?

maxresdefault

私は近眼なので、常にコンタクトレンズを利用しています。毎日洗浄液につけてレンズの洗浄、消毒は欠かせないのですが、意外に忘れがちなのが「目」自体についた汚れです。この汚れが原因で眼病にかかったりかゆみなど引き起こす原因となりますので、私は3日に1度くらいの頻度で目の洗浄をするようにしています。終わった後は目がスッキリしてなかなか気持ちいいです♪

その時に便利なのが、目の洗浄液です。代表的なのがCMでもおなじみの「アイボン」。普段コンタクトを使用されない方でも花粉症の方などは使った事がある方もいらっしゃるかもしれません。今回はこの「アイボン」について色々調査してみました!

スポンサーリンク

アイボンとは?

アイボンとは、コンタクトレンズの着用後や花粉症など目の不快感を軽減させ、目のホコリや汚れを洗い流す薬液です。

maxresdefault

小林製薬ホームページのアイボンのページを読んだのですが、ひとくちにアイボンと言っても現在は6種類あるんですね!コンタクト使用の方の用法とか、花粉でお困りの方向けの用法だったり、結構細かく使用用途が分かれているようです。

アイボンの危険性の噂

アイボンに危険性はないのか調べてみたところ、私にとってはとてもショッキングな結果となりました。しかしその前に、アイボン自体にはもちろん効果もありますので、まずはその説明からしたいと思います☆

1つ目は目の洗浄です。先ほども書きましたが、洗浄した後の爽快感は最高ですし、私は花粉症もあるので、その季節は目がゴロゴロしています。花粉症の方はよく「眼球取り出して洗いたい」なんて表現しますが、本当にそれくらいかゆいんです。それがアイボンで洗浄する事により、汚れが洗い流されスッキリなんですよね♪

2つ目は眼病予防です。アイボンで雑菌を洗い流す事で目の病気を予防してくれます。

3つ目は目の角膜保護です。アイボンの中の成分のひとつ「コンドロイチン硫酸ナトリウム」は目の角膜を保護している涙の層に含まれている成分で、これが角膜の保護をしてくれるそうなんです。

4つ目が、先ほどから触れているように花粉症対策ですね。

花粉症の目をこする女性

以上の4つとは逆に、アイボンには危険性もついてきます。

まずはドライアイになりやすい事。アイボンで洗浄すると油層、涙液層も涙と一緒に流れてしまい、水分不足になりドライアイになる可能性が高くなります。もうひとつは眼病になりやすいという事。あれ?いい効果のひとつとして挙げられてたんじゃなかったっけ?って思いますよね?なぜそのようになるかというと原因は「使いすぎ」によるものなんです。アイボンには血管収縮剤や防腐剤が配合されており、(これはアイボンに限らず目薬にも含まれます)長期にわたり使用すると弊害があると考えられているそうです。また、涙には殺菌効果を持つ天然成分が含まれていて、アイボンを頻繁に使用する事によって菌への抵抗力が減ってしまう事もあるそうです。アイボンを使用する際に使うカップ自体が汚れていたりしたら目の洗浄どころではありませんよね。その辺にも十分に気をつけなければいけないでしょう。

危険なのになぜ売ってるか理由は?

アイボンは確かに危険性もありますが、それは使用の仕方が間違っているからです。正しく使用すれば、充分に効果が認められるものですから、危険なのになぜ売ってるか?という疑問自体がお門違いですね。要は、使用上の注意をよく守り、正しくお使いください、という事でしょうm(_ _)m

アイボンの代用品はある?

アイボンの代用品、となると何がいいのでしょうか?昔はプールの授業のあと、水道水で目を洗わされましたよね。でも実はあれ、オススメできないそうです。なぜかというと、水道水に含まれる塩素が目の表面を傷つける場合があるからだそうです。ただし、ゴミやせっけんなどが目に入った、などの時は例外みたいです。結構オススメされているのが、生理食塩水で洗う方法。生理食塩水は涙に近い成分でできているため、特に花粉症でお困りの方にはオススメだそうですよ♪薬局で簡単に買えるところも魅力ですね(*^_^*)あとは防腐剤や添加物が配合されていない目薬を使用すると目を清潔に洗浄する事ができるそうですよ☆代用品の一例でした!

まとめ

今の時代の医薬品はとても便利なものが増えて、いったいどれを使ったらいいのか分からないくらい贅沢な時代になっていますよね。何をとってみてもやれ除菌だ、やれ抗菌だと、私たちは少し神経質になりすぎなのかもしれません。人間の体は上手く出来ているものです。悪いものが体に入ってこようとしたらそれを一生懸命外に出そうとします。その力をもう少し信じて、ちょっと頑張ってみて最後の最後でどうしようもなくなった時、こういう便利な物の力を借りる、という形でもいいのかもしれませんね。

とはいうものの、花粉の時期のアイボンをやめられる気がしない私でした(笑)

スポンサーリンク

シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
人気コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です