シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

年末ジャンボの買い方のコツ2017!当たる人の特徴や保管場所は?

スポンサーリンク
takarakuji

早いもので今年も残りわずかとなりましたね。もう少ししたらクリスマス。プレゼントを用意して、ケーキを買って準備に大忙しです。
やれやれ、クリスマスが終わったらすぐお正月がやってきますが、その前にもうひとつ大きなイベントが残っています。

それが「年末ジャンボ宝くじ」。年末だけでなく、年間を通して「ジャンボ宝くじ」は存在します。「買わないと当たらないから!」をモットーに(笑)
そのほとんどを私は毎回購入しております。今回は買わない方もちょっと気になる、「年末ジャンボ宝くじ」を調査してみました☆

スポンサーリンク

年末ジャンボ宝くじとは?

前述のように、ジャンボ宝くじは年間を通して5種類発売されています。

例年2月から3月頃に発売されるのがグリーンジャンボ宝くじ。例年5月から6月頃に発売されるのがドリームジャンボ宝くじ。例年7月頃発売になるのがサマージャンボ宝くじ。例年9月から10月頃発売になるのがオータムジャンボ宝くじ。(今年はハロウィンジャンボで発売されていました)
そして1年の締めくくりとして発売されるのが年末ジャンボ宝くじです。

サマージャンボと年末ジャンボは「ジャンボ」「ミニ」「プチ」の3種類があり、その他は「ジャンボ」と「ミニ」の2種類になります。
今年の年末ジャンボ宝くじの1等の当選金額は前後賞合わせて、なんと10億円
1等が25本、前後賞が50本あります。

年末ジャンボ宝くじミニの1等の当選金額が5千万円が105本。前後賞が1千万円、210本あります。年末ジャンボ宝くじプチは前後賞はありませんが、1等の当選金額が7百万円になります。

こうやって当選金額を改めて見ると、「当てたい・・。」の一言に尽きます。今回の当たりは私の番よ!と思いながら購入するのですが、まだ実現には至っていません・・((+_+))

年末ジャンボ当たる人の特徴は?

どんな人が高額当選しているんだろう?と気になりますよね。これまで年末ジャンボに当たった人の特徴をまとめていきたいと思います!

調べたところによりますとまず、宝くじを「根気強く買い続ける」こと。高額当選している方は約7割の方が10年以上も継続して買い続けているそうです。
当たらないからと言ってすぐに諦めてしまうのはダメだという事ですね。

次に購入枚数ですが、ただ沢山枚数を購入すればいいというものでもなさそうです。高額当選者のアンケートによるとなんと驚く事に一番多い購入枚数が30枚だったそうです。

次いで多いのが10枚。1枚300円ですので、1万円にも満たない金額で高額当選されている方が多いという事ですね。
次に売り場です。全国各地に当たる事で有名とされている宝くじ売り場がありますね。そういう売り場で購入するのもアリだと思いますが決してそういう訳でもなさそうです。
昔から買い続けている方はずっと同じ売り場で買うと決めている方もいますし、「売り子さんが感じのいい方だから」という理由もあります。

ちなみに私の場合ですが、自分にとっての吉方で探した宝くじ売り場の方がとても感じのいい方で、ずっとそこで購入していたのですが、(宝くじを買いに行った時にその方がいなければ別の日に購入していました)その方が最近売り場を変わられたので追いかけて行きました(笑)
最近見かけないな、辞めちゃったのかなって思ってたところに見つけたんです!「ここにいたの!」って感じでなんだか縁を感じました!(^^)!

年末ジャンボの保管場所おすすめは?

上記テーマに通ずる、高額当選された方はとにかく宝くじを丁寧に扱うそうです。
気になる保管場所なのですが一番多かったのが神棚や仏壇

これは近年の住宅事情もあり、ある家は限られていそうですよね。その次が机の引き出し。ここならウチにもある!そして、鞄や財布、タンスの中、冷蔵庫、ポケットと続きます。宝くじは静かなところが好きだと聞いた事があるので、私はとある神社に祈祷して頂いた黄色の袱紗に入れて、発表の日までタンスの中で眠らせていますよ♪

2017年の年末ジャンボ買い方のコツはある?

宝くじの買い方のコツですが、簡単に言うと「連番」と「バラ」があります。

宝くじには「組」と「6桁」の抽選番号があり、この組み合わせで当選番号が決まります。宝くじは1枚から購入できますが通常は10枚セットになっています。

ですので、購入の際に「10枚ください」と言うと「連番ですか?バラですか?」と必ず聞かれます。連番とは、組の番号が10枚すべて一緒のセット。
バラは組の番号がバラバラなのです。
どちらの買い方も自由なのですが、気になるのは前後賞です。前後賞はその名の通り、1等の前と後ろの組番号になります。連番購入しなければこの前後賞はなし、という事になります。
前後賞だけで3億円ですのでここは慎重に決めたいところではありますね。ちなみに高額当選者データによると、「連番10枚、バラ20枚」が多かったそうですよ。

まとめ

今回は年末ジャンボ宝くじを調査しましたが、調べれば調べるほど「当てたい!」という気持ちが沸いてきますね!

宝くじというのは「どうせ当たらないだろう」という気持ちで買うのはダメだそうです。
当たったらどんな車を買おうとか想像する(あるいは妄想)のが大切だそうですよ。

私は毎回毎回、宝くじが当たった時のプランを考えるのが楽しみの1つになっています。今回は必ず実現すると信じて☆

スポンサーリンク

シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
人気コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です