シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

母になる110円の意味は?木野愁平の過去や伏線のなぞを調査!

ff641ff2f342c8a0c326008e33e362a5

水曜よる10時ドラマ「母になる」が

絶賛放送中ですが

中島裕翔さん演じる木野愁平が

かっこよすぎます!

施設にいる子供と

その親に真剣に向き合う姿が

とても好感が持てます。

そんな木野さんについて

気になることが多々あります。

木野愁平の持ち歩いている110円

何を意味しているのか?

過去や伏線のなぞを調査しました!!

まずは児童福祉司の

木野愁平役を演じている

中島裕翔さんのプロフィールから♪

スポンサーリンク

中島裕翔のプロフィール

中島裕翔の毛皮のマフラーを巻いた画像

名前:中島裕翔(なかしま ゆうと)

生年月日:1993年8月10日

出身地:東京都町田市

身長:171cm

血液型:A型

事務所:ジャニーズ事務所

中島裕翔さんは

Hey!Sey!JUMPのメンバーの1人です。

演技もとても上手いと話題にもなっています。

過去にもドラマや映画、舞台と多方面で活躍。

初めて中島裕翔さんを見たときは

若手のイケメン俳優が出てきたなーと思ったんですが

ジャニーズJr.と知り驚いた記憶があります。

母になる木野愁平の過去や伏線の謎は?

木野さんの伏線がとても気になりませんか?

あの思いつめた感じや

言葉に重みがあるのは

なにか意味がある気がします。

実は木野さんが広だったり?!w

ということはまずないですが。

それくらい今回のドラマでは

鍵を握っているはずです!!

母になる110円の意味は?

第7話で木野愁平が持っていた

110円の意味が明らかになりました。

それは幼い頃、友達からジュースを買う為に

もらったお金でした。

その子はそれを最後に

幼くして事故で亡くなってしまいます。

柏崎オートで偶然再会した

その子の母親と木野さんは懐かしむように

昔を振り返りました。

大塚寧々さん演じる母親は

実はネグレクトだったんです。

新しい男性と再婚し3人の子供となった

大塚寧々さんですが

現在も育児放棄している様子が

次回第8話で明らかになります。

大事な友達の母親なので

木野さんはだまっていないはずです。

110円のなぞははっきりしましたが

これからも見逃せない展開となりそうです。

まとめ

「母になる」の木野愁平の謎を

まとめてみました。

木野さんの過去も明らかになり

すっきりしましたが

毎回とても重みのある内容のドラマですね。

水曜日が待ち遠しい。

この間始まったと思ったらもう8話なんですね!

あっという間に最終回がきそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
人気コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です