シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

scrooser日本販売(購入)価格は?日本で乗ることはできるか調査!

RollerSruGOGODou

facebookで「おすすめの動画」という

広告ポストが流れてきて知ったのですが

車のタイヤさながらの極太タイヤで走る

電動キックスクーター

があるそうなんですよ!!

その名も

scrooser(スクルーザー)

RollerSruGOGODou

まぁ~~~~~~~~~

かっこいいんです!!!

これって日本で販売していないのかな?

そもそも公道で乗れるものなの?

価格ってどのくらい??

と気になる疑問がたくさん(´・ω・`)

同じように気になった方も多いと思うので

今回の記事では

scrooser

日本販売(購入)価格は?

日本で乗ることはできるか調査!

と題して書いてみました(^O^)

スポンサーリンク

scrooserとは?

まずそもそもscrooserが

どんな乗り物なのかについて!

これは動画をご覧いただくのが

一番早いかと!

ね!スタイリッシュで気になりますよね♪

scrooserについては

以下のように説明されています(*゚▽゚*)

scrooserの後輪部分には、

1,000ワットの出力を持つ

モーターが搭載されている。

だがそのモーターはスクーターのように

アクセルを回すことで始動するのではなく、

搭乗者が片足で地面を蹴りscrooserを

時速3キロ以上で前進させることで始動する。

始動後は、

モーターは搭乗者が地面を蹴る力の

4倍のパワーでスクーターを

前進させるという仕組みだ。

scrooserのモーターは、

ある速度で搭乗者が蹴ることを止めたら、

その速度で航行する。

scrooserにはシートが取り付けられており、

地面を蹴る必要がなくなったら、

座って走行可能だ。

scrooserの重量は28キロ。

バッテリーは3時間の充電で

最大55キロの走行が可能だ。

最高時速は25キロに抑えられている。

つまり

座れるキックボードで

進み始めだけ地面をキック、

その後はキックで出した速さを維持できる

ということですね★

15877302_253751891713993_291933020212953088_n

2人乗りも可能だそうで

2人乗り用の専用シートの

オプションパーツもあるようです♪

ん~

ますます興味が湧いてきます!

乗ってみたい!!

乗り心地が気になるところです。

でもそもそも公道で乗れるんでしょうか?

scrooserは公道で乗れる?

scrooserが公道で乗れるかどうかは

国によって法やルールが違うため

乗りたい国のルールを詳しく調べることが

必要になりそうですヽ(・∀・)ノ

私は日本人なので

日本でscrooserに乗ることができるのか

調べてみたいと思います!

scrooserは日本で乗ることができる?

scrooserは日本で乗ることが可能か

調べてみたところ

どうやら購入した商品現状のままでは

日本の公道で走ることが

認められないようですorz

AAEAAQAAAAAAAAU1AAAAJDQ4MTMwZDNhLWE5MmYtNDQxZC05ZDhhLWFkMDM0ZjU5NWQxOA

ただし

ナンバーの取得、

ヘルメットの装着、

自賠責保険への加入など

ルールに則った必要ある手続きなどをすれば

日本の公道で走ることができるようです!

扱いとしては

原付二種乙(90cc未満)に区分されるようですね!

scrooserを

日本で頻繁に見かけるようになる日も近い!?

scrooserの日本販売(購入)価格は?

scrooserは日本で買えるのでしょうか?

日本販売の価格(値段)について

調べてみましたよ~Σ(゚д゚lll)

調べてみたところ

公式な販売サイトなどは

見当たらず。。。

店舗販売も

今のところ行っていないようですね…恐らく!

いくつか

販売サイトのようなものがありましたが、

金額が日本価格で12万円程だったり

30万円台、60万円台と

その価格情報はバラバラでした(´・ω・`)

正確な情報が掴め次第

情報追記していきますね(ノ∀`)

まとめ

いかがだったでしょうか?

scrooserについて

興味を持っていただくキッカケになれば

嬉しいです( ´艸`)

scrooserで日本の公道を

当たり前のように走れる日が

くるといいですね★

そんな日がいまから楽しみです♡

スポンサーリンク

シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
人気コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です