シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

本田圭佑の資産や年俸は日本円でいくら?事業経営の実力も凄い

スポンサーリンク
kjlksじゃふぁs

皆さん、本田圭佑さんをご存知ですよね?

サッカー日本代表のエースとして、トップ下で活躍する彼をみて「本田△(ほんださんカッケー)」なんてネット上が盛り上がることしばしば(笑)

サッカー選手としてはもちろんのこと、最近では全国各地でサッカー教室の開校クラブチームのオーナー、知らない方もいるかもしれませんがスポーツ選手のマネジメント事業なんかもされている、経営者としての顔も持つ本田圭佑さん。

しかもそんな事業を手がける会社をなんと名古屋グランパスに所属していた20才のときに設立しているというのだから驚きです!(;゚Д゚)!

そこまで若くして会社を創っていたことは私もついさっき知りました。。。すごすぎます。

スポーツ選手としての成功、

事業経営者としての実力

そして気になる本田圭佑さんの

資産や年俸が日本円でいくらくらいなのか?そんなことを調べてみます♪

スポンサーリンク

本田圭佑のプロフィール

76235_original

名前:本田 圭佑(ほんだ けいすけ)

生年月日:1986年6月13日

血液型:AB型

身長:182cm

体重:74kg

出身:大阪府摂津市

所属チーム:CF パチューカ

会社:HONDA ESTILO株式会社

出身大阪府でしたねそういえば。若い頃のインタビュー映像を見ると関西弁や、関西特有のイントネーションが結構出ていました。

最近はそこまでない気はしますが本田圭佑節とでも言いましょうか、力強い語調と歯に衣着せぬ物言いは今も昔も変わらないですよね!

以前はとにかく尖っている印象でしたが、最近の本田圭佑さんは知的というか、クレバーな印象がとにかく強いですね~個人的な感想ですが。

サッカーで活躍する姿はもちろんですが、私の中では本田圭佑さんのもつ「言葉の力」がすごくて、魅せられちゃっています(´・ω・`)

本田圭佑さんが所属したサッカーチームの変遷は以下。

2005-2007 名古屋グランパス(日本)

2008-2010 VVVフェンロ(オランダ)

2010-2013 CSKAモスクワ(ロシア)

2014-2017 ACミラン(イタリア)

2017-    CFパチューカ(メキシコ)

本田圭佑の事業経営の内容と実力

本田圭佑さんのサッカー選手としての実力は、普段海外サッカーを見ない方でも日本代表戦をご覧になって知っている方が多いでしょう♪

では、経営者としての実力は皆さんご存知でしょうか?

kjlksじゃふぁs

どんな事業内容で、彼がどんな経営者なのか、知りたいですよね?ということでまずは事業内容から見てみましょう。

《HONDA ESTILO株式会社 事業内容》

1.スポーツ選手のマネージメント業務

2.スポーツ事業の企画 製作 販売及び配給業務

3.サッカースクール事業 コンサルティング業務

特に 3.サッカースクール事業にかなり力を入れているようですね!

サッカースクールの名前はソルティーロ ファミリア サッカースクール。国内各地に66拠点スクールを開設しておりスクールジュニアユースユースプロという才能輩出のための流れを確立しています。

オーストリア3部リーグのクラブチームSVホルンと提携パートナー契約を結んで投資主として経営に参入しているようですね!

2016年にはカンボジアのシェムリアップ・アンコールFCの経営にも参入しています。

スクール設立から5年で66もの拠点を開設して規模を拡大し、スクールから輩出した才能ある人材をプロ選手になれるまでフォローできる土壌を作り上げている。

事業経営の内容も、その実力も本田圭佑さんは圧倒的だと感じます。

本田圭佑の資産や年俸は日本円でいくら?

さて、ここまでの内容で本田圭佑さんがスポーツ選手としても経営者としても実力のある男だということがおわかりいただけたと思います!

そこで気になるのがオカネの話ですよね。

3b01fa6d218455c3e18ad496c02a9db8

まずは、サッカー選手としての年俸について日本円でいくらくらいになるのか。Jリーグ時代から現在までその年俸推移をたどってみます!

【名古屋グランパス】

・2005年 450万円

・2006年 1000万円

・2007年 1800万円

【VVVフェンロ】

・2008年 6500万円

・2009年 6500万円

【CSKAモスクワ】

・2010年 3億円

・2011年 3億円

・2012年 3億円

・2013年 3億円

【ACミラン】

・2014年 7億7000万円

・2015年 7億7000万円

・2016年 7億7000万円

【CFパチューカ】

・2017年 4億5000万円

なんだかすごすぎて、合計年俸が日本円でいくらになるのか計算するのもはばかられます(笑)

しかも選手としての年俸に加えスポンサー契約している企業も多数!最近ではANAとのスポンサー契約を締結し話題になっています♪

総資産額を考えると…相当のものでしょうね。本田圭佑さんの総資産が日本円でいくらくらいなのか調べてみた結果「相当な金額」になるだろうことがわかっただけで・・・金額としてはっきりとはわかりませんでしたorz

参考に、ですがサッカーのスター選手の保有資産TOP5を載せときましょう!

1位:クリスティアーノ・ロナウド
(約207億4,000万円)

2位:リオネル・メッシ
(約204億8,500万円)

3位:サミュエル・エトオ
(約119億)

4位:ウェイン・ルーニー
(約117億3,000万円)

5位:カカ
(約114億7,500万円)

日本円換算での資産の金額を載せましたが、もはや何がなんだかケタ違いすぎて…板チョコ何枚買えるよ?と考えてしまう庶民な私には到底理解の及ばない資産額でした。。。すごすぎる!そして夢があります!

まとめ

いかがだったでしょうか。

プロサッカー選手としての本田圭佑さん、事業経営者としての本田圭佑さんについて少し詳しくなっていただけたのではないかと思います。

2018年8月現在、今後は東京五輪のオーバーエイジ枠での活躍を目的として、豪メルボルン・ビクトリーに移籍し現役プレイヤーとしてプレイしつつ、さらにはカンボジア代表の実質的監督として活動していくこともわかっています。

溢れんばかりの実力と圧倒的なストイックさに、これからもサッカープレイヤーとして、チームマネジメンターとして、経営者としての「のびしろ」が楽しみですねヽ(・∀・)ノ笑

本田圭佑さんの益々の活躍を応援しています!

スポンサーリンク

シェアされると嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
人気コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です